お買い得!売れ筋スペックの電子ドラム『TD-17』の使い方を紹介

サウンドハウス

 

 お買い得!売れ筋スペックの電子ドラム『TD-17』の使い方を紹介

 

 

 

 

こんにちは、加藤ショウゴです。

 

ご自宅で、ドラムセットをガンガン叩ける方というのは、かなり少ないと思います。

 

今や、電子ドラムは、レコーディングでも使える、高性能な「楽器」へと進化しました。

 

特に、Rolandが製造・販売している、V-Drumsシリーズは、国内外で多くの支持を得ています。

 

そのなかでも、コストパフォーマンスに優れた、『TD-17』シリーズは、プロアマ問わず、評価されているドラムです。

 

今回は、心臓部にあたる、モジュールの使い方について、解説します。

 

知っていれば、もっとドラムが面白くなりますよ。

 

 

↓動画でも紹介しています。是非、ご覧ください。

 

 

 

 TD-17』の、簡単な紹介。

 

配線の必要なし!Bluetooth機能。

 

2賛А淵ぅ鵐好函砲猟汗阿カンタン。

 

ぅリックが、すぐに出せる。

 

ノ習で使える、ソング機能。

 

Ε愁鵐阿髪藾佞髻一緒に録音できる。

 

Д魁璽船癲璽匹如日々のデイリートレーニングができる。

 

─TD-17』シリーズは、上達をサポートしてくれる機能が満載!

 

 

 

サウンドハウス

 

 

 TD-17』の、簡単な紹介。

 

 

今回紹介する『TD-17』シリーズは、悩みに悩んで、購入を決めた商品です。

 

購入理由は、レッスン会場が増えたことで、もう一台購入することになったからです。

 

候補として、『TD-25』や、最新の『TD-27』も、考えましたが、資金の問題もあり、『TD-17』となりました。

 

『TD-17』は、『TD-11』の後継モデルで、最上位機種の『TD-50』のサウンドエンジンを、継承したモデルです。

 

最上位機種と比べたら、機能は劣りますが、日々の練習で使うには、申し分なく、レッスンでも充分使えます。

 

大事な点として、ダイナミックレンジが、アコースティックドラムに近いので、技術向上につながるのは、間違いありません。

 

シリーズとしては、3機種を用意しており、好みに応じて、選択できます。

 

手頃な価格帯ながら、音も良く、叩いていて楽しい電子ドラムが、『TD-17』の魅力です。

※TD-17KLSは、スネアのみメッシュパッドのモデル、Bluetoothは非対応。

 

 

※売れ筋の、TD-17KVS。様々な付属品と一緒に販売されることが多く、普及版グレードだが、日々の練習ならこれでOK!

 

 

 

※VH10が入った、ハイハットスタンド使用のTD-17KVXS。本格的な練習セットで、リアルなハイハットワークを求めるなら、コレ。

 

 

配線の必要なし!Bluetooth機能。

 

 

V-Drumsシリーズでは、以前から「MIX IN」機能があり、外部音源を、一緒に鳴らすことができます。

 

『TD-11』や、『TD-30』では、USBメモリーに入れたMP3データを、再生できるようになったのです。

 

そこから『TD-25』がリリースされたときに、Bluetooth機能が搭載され、ワイヤレス化されました。

 

『TD-17』では、『TD-25』に搭載された、Bluetooth機能が、引き継がれています。

 

(※廉価グレードの『TD-17L』には、搭載されていません。)

 

お気に入りの音源を、ワイヤレスで、練習ができるなんて、本当に嬉しい機能ですね。

 

音量も調整できるので(操作方法は動画で確認!)、楽しく、アンサンブルの練習ができます。

 

 

※Bluetooth機能が搭載されたことで、配線が、いらなくなったのは大きい。

 

 

2賛А淵ぅ鵐好函砲猟汗阿カンタン。

 

 

お気に入りの音で、練習できれば、日々の練習も楽しくなります。

 

色々なジャンルの曲に合わせて、音色を考えるのも、楽しいですよね。

 

音色を、カンタンに調整できるのも、『TD-17』の魅力です。

 

assignボタンを押して、音色を変えたいパッドを叩いて、ダイヤルを回すだけで、音色が変化します。

 

シンバルは、チャイナや、スプラッシュなど、すぐに変換できるのは、本当に便利です。

 

タムや、バスドラムのミュートなども、パッドを叩いて、Mufflingボタンを押し、ダイヤルを回せば調整できます。

 

tuningボタンを押して、ダイヤルを回せば、チューニングも、カンタンにできます。

 

「カンタンに調整できる」ということは、本当に重要なことで、ボタンから直感的に操作できるだけで、楽しさが増します。

 

お気に入りのサウンドを見つけて、自分だけの『TD-17』を、構築することも可能です。

 

 

※assignボタンから、簡単に、音色(インスト)を変える設定ができる。チューニングも、ボタン一つでアクセスできる。

 

 

ぅリックが、すぐに出せる。

 

 

ドラムの練習に、メトロノームは不可欠です。

 

「CLICK」ボタンを押せば、すぐにメトロノームを呼び出せます。

 

液晶画面にある「ON」タグのボタンを押せば、クリック音のON/OFFの切り替えが可能です。

 

テンポも、ダイヤルですぐに調整ができ、サクッと設定、サクッと練習ができるわけです。

 

この、サクッと感は、ストレスフリーで、練習に進むことができ、モチベーションUPに、とても大事なことです。

 

これは、ソング機能や、コーチ機能でも同じで、ボタン1つでアクセスできるのは、嬉しいですね。

 

 

※クリックボタン一発で、メトロノームを呼び出せる。

 

 

ノ習で使える、ソング機能。

 

 

ソング機能は、4小節ひと回しの構成となっており、繰り返しの練習にピッタリです。

 

呼び出しは、クリック機能と同じで、「SONG」ボタンを押して、ダイヤルで選び、再生ボタンを押すだけです。

 

自宅練習となると、どの奏者も、出来ないフレーズを繰り返し練習して、身体に染み込ませていきます。

 

短いフレーズの繰り返しなので、そのような練習に、ソング機能は、ピッタリです。

 

テンポも、再生ボタンの隣にある、「SLOW」・「FAST」ボタンで、調整可能です。

 

難しいフレーズも、曲に合わせて練習することで、フレーズの確実性をあげ、且つ、自然なフレーズが叩けるようになります。

 

 

※停止・再生・テンポダウン(SLOW)・テンポアップ(FAST)ボタンは、この周辺に集約されている。

 

 

Ε愁鵐阿髪藾佞髻一緒に録音できる。

 

 

『TD-11』では、できなかった機能が、『TD-17』では、できるようになりました。

 

それが、ソングと一緒に録音できるようになったという、待望の機能です。

 

モジュールが、「簡易レコーダー」にもなるわけですね。

 

自分の演奏を、すぐ録音して、すぐ再生でき、さらに、アクセスもカンタンなので、ストレスフリーで、練習に集中できます。

 

(動画に、この模様も、収録されています。)

 

『TD-11』で、これをやろうとすると、当然、エラーが起きました。

 

それだけ、欲しかった機能だったので、搭載されたことがわかり、これだけでも、購入した甲斐がありました。

 

待望の機能なので、これは、本当に嬉しい機能ですし、ドンドン活用したいですね。

 

 

※ソングと一緒に録音できるようになったのは、本当に待望の機能でした。

 

 

Д魁璽船癲璽匹如日々のデイリートレーニングができる。

 

 

日々の向上を願うのは、奏者であれば、皆、考えるものです。

 

それも、コーチモードがあれば、ずいぶん違うかもしれません。

 

一連の練習・15分というモードで、整えていくというのは、技術向上の糧になるはずです。

 

(こちらも、動画に収録されていますよ。)

 

大好きなドラムであっても、時には、やる気も無くなるものです。

 

そんな時に、このモードはピッタリですね。

 

 

※他にも、クワイエットカウントは、オススメの練習法。途中でメトロノームの音が消え、テンポ感覚を、シビアに確認できる。

 

 

─TD-17』シリーズは、上達をサポートしてくれる機能が満載!

 

 

『TD-17』には、上達のための機能が満載です。

 

実質的にも、また、気持ち的にも、上げてくれる電子ドラムが、『TD-17』の魅力です。

 

電子ドラムは、以前の認識としては、「おもちゃ的扱い」されることが、ほとんどでした。

 

しかし、今は違います。

 

ドラマーの意識を変革させる、工夫が満載です。

 

電子ドラムから得られる、満足感は、アコースティックドラムでも、活かされるはずです。

 

コスパ最強の電子ドラム『TD-17』シリーズで、新たなドラムライフを、手に入れてみませんか?

 

※この下のバナーから、『TD-17』をチェック!

サウンドハウス

 

 

千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

 

・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

 

・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

 

・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

 

・メールは随時受付中です。

 

体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

 

080-5026-8194

 

ホームページはこちら

 

ドラム教室のご案内

 

ピアノ教室のご案内

 

アクセス

 

自宅教室には、栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内で、声をかけてもらっています

※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

 

一緒にドラムを楽しみましょう!

 

※一部画像は、楽天アフィリエイトを使用しています。

 

サウンドハウス

 

コメント