CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ドラムの初心者が、コピーバンド組むなら、選曲は大事です。 | main | ドラムからスタートして、色々な楽器に、挑戦するのもアリです。 >>
ローランド 電子ドラム 使えるコーチモード3選
0

    ● ローランド TD1KPX2 使えるコーチモード3選  

     

     

     

     

     

    こんにちは、加藤ショウゴです。

     

    ドラムの個人練習は、ドレミの音程も無く、地味で、コツコツやるイメージです。

     

    ローランドの電子ドラムは、トレーニング用のコーチモードが内蔵されています。

     

    コーチモードの活用で、ゲーム感覚で、練習ができ、意外な弱点も、見つけられます。

     

    今回は、ローランドの電子ドラムに入っている、コーチモードについて、お伝えします。

     

    曲をやってみて、気付いた弱点を、楽しく、効率的に、トレーニングすることができます。

     

    .織ぅ爛船Д奪

     

    ▲ワイエット・カウント

     

    クワイエット・カウントに、似た練習方法

     

    ぅ織ぅ沺

     

    現在、当教室にあるモジュール「TD1」には、全部で、10種類の、コーチモードが内蔵されています。

     

     

    そのなかでも、デイリートレーニングとして、使えるモードを3つ選びました。

     

     

    .織ぅ爛船Д奪

     

    タイムチェック機能には、2種類があります。

     

    ひとつは、点数表示するもの、もうひとつは、テンポが合うと、クリック音が消えるものです。

     

    リズムパターンが変わると、不安定になるなど、リズムのハシリ・モタリがハッキリします。

     

    なお、2種類の判断基準があり、ハードの診断は、本当に、良い練習になります。

     

    悪いクセになる前に、タイム感を修正しておけば、上達の速度も早くなりますよ。

     

     

    ▲ワイエットカウント

     

    クワイエットカウントというトレーニングは、クリック音に合わせて叩き、途中で、クリックが消えても叩き続けます。

     

    そして、またクリック音が鳴りだしたときに、テンポキープができていたかをチェックします。

     

    これにより、クリックだけに依存しない、テンポキープのトレーニングができます。

     

    ドラマーの心理なのかもしれませんが、合わせようとすると、合わないところが、ポイントです。

     

    テンポキープは、ドラマーの必須項目ですが、練習方法となると、悩んでしまいます。

     

    クワイエットカウントは、そのような、要望に応えられる、コーチメニューとなっています。

     

     

    クワイエット・カウントに、似た練習方法

     

    クワイエットカウントに似た、練習方法もあります。

     

    ハーフテンポになると、モタってしまう人などにも、オススメの練習法です。

     

    (1)例として、メトロノームをBPM120に合わせ、の8ビートを叩くとします。

     

    (2)次に、メトロノームを、半分のBPM60に設定し、先ほどと同じ、BPM120の8ビートを叩きます。

     

    (3)この時、クリック音は、8ビートの1拍・3拍で鳴っているようになります。

     

    (4)そして、その半分のBPM30に設定して、BMP120の8ビートを叩きます。

     

    (5)そうすると、クリックは、1拍目のみ鳴るようになります。

     

    空間が空いた部分を、しっかりキープすることが大事です。

     

    ロックでは、頻繁にありそうな、BPM160のリズムパターンでしたら、BPM20まで落として、練習できます。

     

    これは、友人のベーシストから教わった練習法で、ドラムでも、効果的に練習できますよ。

     

     

    ぅ織ぅ沺

     

    サーキットトレーニング的に練習するには、タイマー機能を使うのが、一番いい方法です。

     

    (1)3分間・BPM80に設定して、チェンジアップの練習をする。

     

    (2)3分間・BMP180に設定して、16分を叩き続ける。

     

    など、ストイックな練習には、とても使えます。

     

    タイマーとメトロノームを、モジュールのなかで、同時にやってくれるので、便利ですね。

     

     

    TD1には、他にも、録音機能や、チェンジアップ練習をサポートしてくれる機能も搭載しています。

     

    個人練習には、電子ドラムはオススメということで、下記リンクの記事、項目で書いています。合わせて、お読みください。

    https://blog.takaton.info/?eid=57

     

    楽器の技術習得は、一進一退です。

     

    楽しく練習できる環境づくりは、上達には大事な要素です。

     

    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

     

    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

     

    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

     

    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

     

    ・メールは随時受付中です。

     

    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

     

    080-5026-8194

     

    ホームページはこちら

     

     

    自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

    ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

     

    サウンドハウス

     

     

    (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

     

    | ドラム | 12:27 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする