CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ドラム初心者が、コピーしやすい曲 5選 | main | ローランド 電子ドラム 使えるコーチモード3選 >>
ドラムの初心者が、コピーバンド組むなら、選曲は大事です。
0

    ● ドラムの初心者が、コピーバンドを組むなら、選曲は大事です。

     

     

     

    こんにちは、加藤ショウゴです。

     

    いざ、コピーバンドをやるといっても、あまり難しい曲を選曲してしまうと、挫折してしまいます。

     

    基本的な、アフタービート(2拍4拍にアクセントを置く)の曲を選ぶと、バンドとしても、まとまりやすいですね。

     

    自分の大好きな、アーティストに挑戦するにも、わかりやすい曲が、おすすめです。

     

    今回は、ドラム初心者さんが、コピーバンドを組むなら、選曲が大事ということについて、お伝えします。

     

    ―蘓桓團丱鵐匹覆蕁△匹鵑粉兇犬龍覆髻∩ぶと良いのか。

     

    ▲疋薀爐痢個人練習が楽しくなる!バンドスタートアップの、おススメ練習法は?

     

    バンドを組んだら、メンバーの、不平不満は言わない。

     

    ―蘓桓團丱鵐匹覆蕁△匹鵑粉兇犬龍覆髻∩ぶと良いのか。

     

    毎年、依頼を受ける、短期講座で使う曲を、こちらに書いています。

     

    http://takaton-drum.jugem.jp/?eid=56

     

    取り組みやすい選曲をすることで、達成感を得ることができますね。

     

    成功体験は、どの分野でも大事なことです。

     

    せっかく、好きな音楽をやるのですから、実際に、達成感や成功体験を、つかんでいきましょう。

     

    具体的には、パンキッシュな楽曲を選ぶと失敗しません。

     

    再結成した、『ELLEGARDEN』は、どれも取り組みやすく、曲もカッコいいので、おススメです。

     

     

    女子でコピーバンドをするなら、『SCANDAL』も、カッコいいですね。

     

    完全コピーではなく、アレンジを簡単にできる部分は、積極的に入れて、曲を完成させることを大事にしたいです。

     

    アレンジに行き詰まったら、身近な先輩や、教室の先生などにも手伝ってもらうのも、良いかもしれません。

     

     

     

    ▲疋薀爐痢個人練習が楽しくなる!バンドスタートアップの、おススメ練習法は?

     

    ドラムを楽しく練習したいなら電子ドラムの利用がオススメです。

     

     

    楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

     

    アコースティック派の方には、電子ドラムは「邪道」と、思わがちです。

     

    実は、アコースティックドラムも好きな筆者は、電子ドラムに、かなり助けられています。

     

    上記、ローランドのTD1KPX2の音源は、良くも悪くも、「練習用」の音がします。

     

    このドラムで叩いた際に、音量バランスが、崩れて聞こえているのなら、そこを改善していきます。

     

    そうすることで、アコースティックドラムでも、音量バランスの良い、ドラムが叩けるようになります。

     

    電子ドラムは、生と違い、倍音もないので、シビア且つ、ロジックな練習ができます。

     

    何より、叩けないより、叩き続けた方が、間違いなく上手くなります。

     

    また、MIDIデータや、YouTubeなど、外部からの取り込みも、「ミックスイン」機能で、活用できます。

     

    まずは、リズムパターンのみを、音源に合わせて練習し、そこにフィルインを組み込んでいけば、完成に近づきます。

     

    難しいフィルインも、簡素化して、まずは叩き切れることを、第一にすると、良いですね。

     

    バンドで、スタジオに入るにしても、事前に、どこまで個人で仕上がったかは、とても大事です。

     

    個人練習でスタジオに入ったり、また、その際の交通費などを考えると、電子ドラムのコストは、悪くありません。

     

     

    バンドを組んだら、メンバーの、不平不満は言わない。

     

    バンドと言えど、人間関係なので、性格や、技術などで、どうしても、不平不満は、出がちです。

     

    選曲段階で、よく考えなければいけないのは、実は、このような点もあるからです。

     

    楽しく、音楽をやりたいと、思っていたのに、技術不足のメンバーへの、不平不満が出たら、言われた方は、面白くありません。

     

    相手を尊重していくことは、本当に大事です。

     

    また、技術面では、他のパートの人は、自分のパートに精一杯なので、簡素化して、しっかり演奏ができるようにしましょう。

     

    他のメンバーには、さほどバレません。

     

    むしろ、安定した演奏をすることのほうが、メンバーへの信頼は、高まります。

     

    簡素化する利点として、奏者が余裕を持つことで、観客も安心して観れるという点もあります。

     

    何事もですが、悪い点ばかり見ると、バンドは崩壊します。

     

    しつこいようですが、メンバーの良い点を見て、尊重し、アレンジも考え、カッコいいバンドサウンドを奏でてください。

     

    このような、マインドは、必ず、見に来てくれたお客様にも、伝わりますよ。

     

    そして、この中心に、ドラマーがいることを、お忘れなく。

     

    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

     

    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

     

    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

     

    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

     

    ・メールは随時受付中です。

     

    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

     

    080-5026-8194

     

    ホームページはこちら

     

     

    自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

    ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

     

    サウンドハウス

     

    (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

     

    | ドラム | 08:58 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする