CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< どのような流れで、ドラムが叩けるようになるのか? | main | ドラムを、独学で学ぶことは、できませんか? >>
タムの音が、鳴らない・飛ばない理由
0

    ● タムの音が、鳴らない・飛ばない理由

     

     

    こんにちは、加藤ショウゴです。

     

    ドラムを、抜け良く、しっかり鳴らすことで、楽器の持つチカラを、発揮させることができます。

     

    ステックやペダルなど、道具の使い方がわかってくると、抜けの良い音が出しやすくなります。

     

    大きい音を出そうと、力んで演奏すると、音がつぶれて、どんなに良い楽器でも、台無しになります。

     

    身体の使い方や、頭で描いた音のイメージすることも、大事な要素となります。

     

    体格も要素の一つになりますが、あくまで個性の差だけで、コツを知ることで、良いサウンドを出せます。

     

    今回は、タイコを、しっかり鳴らすために、必要なコツを考えてみます。

     

    .織ぅ海鯡弔蕕垢燭瓩法◆屮侫襯好肇蹇璽」を知ることが重要。

     

    ▲爛舛里茲Δ福△靴覆笋さと、正確にコントロールする、スティックワーク。

     

    サウンドは、「イメージ」が大事。

     

    .織ぅ海鯡弔蕕垢燭瓩法◆屮侫襯好肇蹇璽」を知ることが重要。

     

    タイコが鳴るか・鳴らないかの差は、いかに空気を振動させたかによります。

     

    チューニングや、タイコの材質や深さ、フープの形状など、さまざまな要素が、タイコの鳴りに影響します。

     

    ハード面も影響もありますが、楽器をコントロールする、奏者側でも、音は大きく変わります。

     

    スティックコントロールという面では、フルストロークを知ることで、タイコの鳴らし方がわかってきます。

     

    フルストロークとは、レディポジションから、叩き始め、またレディポジションに戻る、叩き方です。

     

    低いチューニングのタムタムでも、フルストロークがわかると、力まずに、鳴らせるようになります。

     

    ※このような動画を作成してみました。

     

     

    ▲爛舛里茲Δ福△靴覆笋さと、正確にコントロールする、スティックワーク。

     

    合理的な動きでコントロールする、モーラー奏法は、大変有名な奏法です。

     

    ただ、一朝一夕で、マスターできるものではないので、まずは、初歩的なスティックの動きを、確認していくと良いです。

     

    左右の、叩く力の加減や、スティックの上げる高さなど、鏡などで確認していくのは、良い練習になります。

     

    柔らかい動きでしたら、タオルを振ってみると、しなやかにスティックを振る原理が、見えてきます。

     

    野球や、ゴルフのスイングも、良い参考になります。

     

    逆に、わざと力むことで、ライドシンバルなど、刻む楽器の音色を固くし、タイトにリズムを刻むこともできます。

     

    (上の動画を見てもらうと、力んだ時は、音が詰まったように聴こえます。よく言えば、余韻を短くできます。)

     

    ステックのコントロールひとつで、様々なサウンドを、奏でることが、できるようになります。

     

     

    サウンドは、「イメージ」が大事。

     

    その曲を、どのように色付けしていくか、それには、ドラマーの力も必要です。

     

    どんなに凄い演奏ができても、曲に合っていない音色やリズムを奏でては、意味がありません。

     

    電子ドラムは、ある程度、作りこまれた音色なので、楽曲に合うような音色を決定することが、容易です。

     

    音色や、パターンなど、色々な音の「引き出し」を知っておくと、ドラムの楽しさや、表現の幅が、広がります。

     

    プロモデルの電子ドラムは、音色を細かく調整できるので、生楽器の調整イメージを学ぶこともできます。

     

    表現を広げるためにも、アコースティック・電子、どちらも、叩く時のタッチは、とても重要になってきます。

     

    ステックコントロールは、楽曲にリズムを提供する、打楽器奏者にとっては、大事なスキルです。

     

    イメージを形にするため、地道な練習の積み重ねや、観たり・聴いたりなどの経験も、必要ですね。

     

    さらなるドラム奏法技術の上達目指して、心も、身体も元気に、頑張っていきましょう。

     

     

    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

     

    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

     

    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

     

    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

     

    ・メールは随時受付中です。

     

    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

     

    080-5026-8194

     

    ホームページはこちら

     

     

    自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

    ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

     

    サウンドハウス

    | ドラム | 22:05 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする