CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 検証!「吹奏楽のドラム」の違和感を解消!3つの改善策 | main | ドラム教室に通うと、どのような、良い点がありますか? >>
検証!「吹奏楽ドラム」の違和感を解消!3つの改善策
0

    ● 検証!「吹奏楽ドラム」の違和感を解消!3つの改善策

     

     

    こんにちは、加藤ショウゴです。

     

    初心者のうちに、経験者をコーチに招けば、悪いクセを、早いタイミングで、直すことができます。

     

    また、初心者のうちにから、ある程度のレッスンを受けることで、上達も早くなります。

     

    ハイハットのオープンクローズなどの、細かいニュアンスも、見て覚えると、わかりやすいですね。

     

    自ら学んだことを、指導者のアドバイスを入れることで、さらにレベルアップできます。

     

    今回は、「吹奏楽ドラム」の改善策として、メンターをつけることについて、お伝えします。

     

     

    ◎経験豊富な、コーチを招く。

     

    ‖感叛犬如⇒ソ┐世辰神古未髻▲魁璽舛望靴。

     

    地元の吹奏楽団の所属する、団員さんをコーチに招く。

     

     

    ‖感叛犬如⇒ソ┐世辰神古未髻▲魁璽舛望靴。

     

    顧問や、監督の先生から見て、卒業生で優秀だった生徒は、お金を払ってでも、コーチに招いた方が良いです。

     

    現役の部員さんや、その後輩の部員さんも、卒業生であれば、話を聞いてくれるというというのもあります。

     

    必ずしも、先生や監督が、すべてを背負うことはありません。

     

    できる子に、見てもらうことで、学校の持つ伝統も守られますし、ギャラも出るようなら、卒業生も喜ぶでしょう。

     

    報酬が出れば、卒業生もさらに、技術を磨いて、教えに来るはずです。

     

    逆に、報酬を出しているに、技術を伸ばしてこない卒業生なら、呼ばなくてもよいでしょう。

     

    そのくらい、しっかり決めごとを作っていけば、上達と伝統の継続ができてきます。

     

    公立の学校ですと、顧問の先生も、移動で変わってしまいます。

     

    それで、変化をしたとしても、卒業生の応援をもらえる伝統があれば、力を継続したまま、レベルをキープできるはずです。

     

     

    地元の吹奏楽団の所属する、団員さんをコーチに招く。

     

    吹奏楽の愛好家は、それなりに多く、地元で活動する方も、少なくありません。

     

    そこから、講師に引っ張るのも、悪いことではありません。

     

    教えると、教えた側も、プレイの技術が上がります。

     

    教わる学生側も、教える楽団員にも、利益のあるものになります。

     

    当教室でも、トランペットを演奏する、吹奏楽団の団長を、講師に招き、中学生への指導を行いました。

     

    楽団をやられている方は、本当に楽器や、吹奏楽が好きでやっているので、本気で教えてくれます。

     

    そういう、本気の大人を見ることは、子どもたちにとっても、刺激になるはずです。

     

     

    ☆まとめ

     

    学生時代は、人生のなかでも、かなり短い期間になります。

     

    だからこそ、生徒さん、部員差には、思い出に残る、音楽生活を知ってもらいたいと思います。

     

    地元イベントでも、活躍する吹奏楽部です。

     

    凄かったねと、街で応援したくなる、期待以上の、吹奏楽部構築を、目指してもらいたいなと思います。

     

    ドラムは、吹奏楽の花形です。

     

    皆さまの、さらなる上達を、心から、祈っております。

     

    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

     

    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

     

    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

     

    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

     

    ・メールは随時受付中です。

     

    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

     

    080-5026-8194

     

    ホームページはこちら

     

     

    自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

    ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

     

    サウンドハウス

    | ドラム | 11:23 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする