CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
電子ドラムの、メリットとデメリットは、何ですか?
0

     電子ドラムの、メリットとデメリットは、何ですか?

     

     

    こんにちは、加藤ショウゴです。

     

    シンバル1枚、タイコ1個で、できる表現は、プレイヤーの腕次第で、大きく広がります。

     

    アコースティックのドラムのダイナミックな鳴りと、繊細さは、とても魅力がありますね。

     

    電子ドラムは、新たな技術も導入され、プロモデルは、ライブでも使えるほどです。

     

    練習モードも搭載され、電子ドラムは、日々の練習に悩む、ドラマーの味方となります。

     

    ドラムをはじめたいという方も、さまざまな検索結果で、電子ドラムに対する評論を目にすると思います。

     

    今回は、練習環境という点で、電子ドラムのメリットとデメリットについて、お伝えします。

     

     

    ‥纏劵疋薀爐離瓮螢奪

     

    電子ドラムのデメリット

     

    M想は?

     

     

    ‥纏劵疋薀爐離瓮螢奪

     

    ここでは、ローランドのVドラムについて、書いています。

     

    ローランドの電子ドラムには、メッシュパッドが採用されており、スティックワークの練習にも最適です。

     

    モジュールには、メトロノーム機能の内蔵なので、電子ドラム1台で、練習環境が整います。

     

    さらに、最大のメリットは、アコースティックドラムと違い、ムダな「倍音」がないことです。

     

    このおかげで、練習の際には、しっかり打点を確認することができます。

     

    最近の気付きでは、TD1KPX2で、TOTOの名曲「ロザーナ」を練習した際です。

     

    ハーフタイムシャッフルの間に入る、ゴーストノートが、うまく馴染まなかったのです。

     

    なぜかと考える中で、音量バランスをていねいに処理して、演奏しなくてはダメだと気付きました。

     

    実際に形になった時に、このバランスは、アコースティックと変わらないと気付きました。

     

    さらには、アコースティックの時には、倍音でわからなかった、ゴーストノートのアラを見つけることができました。

     

    ※TD1KPX2は、メッシュパッドを採用し、モジュールのTD-1も、アンサンブルに馴染みやすい音色を備えている。

     

    ライブなどでは、アコースティックの倍音は、重要な要素となりますが、シビアな練習では、必要ありません。

     

    他にも、音量調整ができ、耳も疲れないので、この点も、練習には最適です。

     

    好きな音楽に合わせて演奏できる、MIX IN機能も、コピーバンドをやる方には、もってこいの機能ですね。

     

    ちょっとした演奏会でしたら、電子ドラムなら、スッキリした音で、観客に音楽をお届けできますよ。

     

    ※専用アンプを使えば、低音が増強された、パワフルなサウンドを出すことができる。

     

     

    電子ドラムのデメリット

     

    根本的な部分ではありますが、致命的なデメリットは、電源がないと使えないことです。

     

    また、ライブとなると、アンプ等の音響機器も必要になります。

     

    しかし、練習における最大のデメリットは、バスドラムや、フロアタムにあります。

     

    ミュートの入ったバスドラムや、ローピッチチューニングフロアタムなどの感覚は、本物には、かないません。

     

    確かに、ある程度の、テンション調整は可能です。

     

    しかし、再現するために、メッシュパッドのテンションをベロベロにすると、トリガーの反応が悪くなります。

     

    バスドラムにしても、TD1KPX2の場合は、パッドがゴム素材なので、跳ね返りのリアルさはありません。

     

    バスドラムの空気感など、リアルさを求めるには、ちょっと工夫は必要かもしれません。

     

    ミドルラインのKD-120でも、難しさはあります。

     

     

    ※TD-25との組み合わせで、KD-180を使えば、リアル感も増す。

     

    ここは、どこまで妥協するかということになってきます。

     

    シンバル類も、複雑なタッチが欲しい方には、少し厳しいかもしれません。

     

    ただ、自宅練習という観点から見たら、電子ドラムは優秀です。

     

    スタジオなどで、アコースティックドラムの感覚を掴み、電子ドラムで細かい点を調整するというのが、効果的かもしれません。

     

    ある日、教えに行くことがあり、そこでアコースティックドラムを叩いてみました。

     

    電子ドラムの弊害で、感覚が違うかなと思って叩いてみたら、逆に、以前にも増して、気持ちよく叩けました。

     

    どちらの良さも知ることで、どちらでも気持ちよく叩けるようになることが、一番なのかもしれませんね。

     

     

    M想は?

     

    やはり、アコースティックドラムと、電子ドラムの両方が叩ける環境が、ベストです。

     

    両方の特性を知ったうえで、練習に取り入れることが大事です。

     

    肌感覚ではありますが、電子ドラムで培ったステックワークやタッチは、アコースティックドラムで、活かされます。

     

    電子ドラムで、演奏がまとまらない人は、アコースティックドラムでも、あまり演奏がまとまりません。

     

    その人のクセが、電子ドラムでも表現されてしまうのです。

     

    これは、他のRMSの先生に伺っても、同じようなことを言っておられました。

     

    まずは、叩ける環境が第一として、初心者が電子ドラムから入っていくのは、間違った選択ではないと考えています。

     

     

    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

     

    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

     

    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

     

    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

     

    ・メールは随時受付中です。

     

    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

     

    080-5026-8194

     

    ホームページはこちら

     

    サウンドハウス

     

    | ドラム | 18:34 | comments(0) | - |
    ドラムからスタートして、色々な楽器に、挑戦するのもアリです。
    0

      ● ドラムからスタートして、色々な楽器に、挑戦するのもアリです。

       

       

      こんにちは、加藤ショウゴです。

       

      ドラムをやっていて、良かったことは、色々な楽器に、興味を持てたことです。

       

      ドラムは、バンド全体を見渡せるポジションのパートです。

       

      それゆえ、ドラマーは、自然と、各パートへの興味が湧くのは、当然のことです。

       

      また、全体を知るためには、コード進行程度の、理論は知っていても良いかもしれません。

       

      ドラムから、アレンジの的確な指示ができれば、バンドメンバーからの信頼も、高まりますね。

       

      今回は、ドラマーだからこそ、他の楽器にも、挑戦しやすいという話です。

       

       

      _燭粒擺錣鬚呂犬瓩茲Δと思うなら、ドラムはおススメです。

       

      DTMに挑戦したい人は、知っておいても損はない、ドラムの知識。

       

      「音楽が好きだ!」って思いが、さらに知識を深めてくれる。

       

       

      _燭粒擺錣鬚呂犬瓩茲Δと思うなら、ドラムはおススメです。

       

      ドラムは、叩けば音が出るので、楽器をはじめたいと思うスタートアップには、ピッタリです。

       

      また、電子ドラムも、手頃なものが販売されていますので、はじめやすくなりました。

       

      カンタンなリズムパターンを覚えてしまえば、ちょっとした曲のさわり程度は、合わすことができます。

       

      1小節、1コードでも、ひと苦労する弦楽器・鍵盤楽器に比べると、スタートのしやすさが、ドラムにはあります。

       

      実は、この感覚は、カラオケに近いと感じます。

       

      伴奏に合わせて歌うカラオケのように、リズムパターンが叩ければ、曲に合わせて、ドラムを演奏できます。

       

      もちろん、曲の全体感も理解する必要があるので、他の楽器の動きも、当然、耳に入っていきます。

       

      そう考えると、ドラマーなのに、色々な楽器をいじれるというのは、ある意味、自然なことなのかもしれませんね。

       

      また、楽器を継続するという点で、成功体験を、積んでいきやすいことも、とても大事な点です。

       

      当教室の生徒さんも、ドラムに取り組む集中力が、ピアノで活きています。

       

      もちろん、ドラムも、奥が深い楽器ですので、入りやすい分、突き詰める点は多いです。

       

      これは、どの分野においても、同じです。

       

      楽しくスタートでき、成功体験を積みやすく、他の楽器への理解も深めやすい点で、ドラムはおススメです。

       

       

      DTMに挑戦したい人は、知っておいても損はない、ドラムの知識。

       

      DTMに興味がある、挑戦したいという方は、けっこう多いと思います。

       

      機材も手ごろになり、ボカロPになりたいという、夢を持って、がんばっているプレイヤーも多いはずです。

       

      DTMの、スタートアップ教則テキストを見てみると、いざ入力となると、ギターや、ベースではありません。

       

      おそらく、Track10のドラムからでは、ないでしょうか。

       

      今作ろうとしている音楽の、コンセプトを考える際に、曲のフィールは、どのような感じなのかを決めます。

       

      8ビートや16ビート、ロックやジャズ、はたまたジャングルビートなのかと、少なからずリズムを考えながら、作曲します。

       

      そうなると、必然的に、リズムのジャンルが明確でないと、作りこみができないことになります。

       

      リズムや、フィールは、楽曲の骨格を明確にするために、先に入力する必要があるのですね。

       

      ドラムをかじっておけば、それだけでも楽曲づくりへの取り組み方が変わるかもしれません。

       

       

      「音楽が好きだ!」って思いが、さらに知識を深めてくれる。

       

      どんなことも、「好き!」という思いは、人に伝わると思います。

       

      演奏技術が、いまいちという部分は、個人練習していくしかありません。

       

      今できることを全力で、楽しく演奏していれば、それは、観ている人に伝わります。

       

      ジャンルにもよりますが、演奏が上手くも、渋い顔していては、観ている方も、渋くなりますよね。

       

      シンプルな奏法でも、笑顔で、ゴキゲンな演奏だったら、お客さんも大満足ですよね。

       

      当たり前ではありますが、「好き」・「楽しい」は、上達への原動力になります。

       

      好きなアーティストの曲を、演奏できるようになりたいとは、楽器をはじめたら、誰しもが思うことです。

       

      ドラマーでも、コード進行がわかれば、楽曲の構成を、理解することができます。

       

      キーがわかれば、他の曲を聞いた時に、ピンとくることも、あるかもしれません。

       

      楽典等の知識的なことも、「音楽が好き!」の気持ちが、勉強の意欲につながります。

       

      ドラマーだって、カッコいいベースラインや、ギターのリフに、反応します。

       

      当然、他のパートのカッコいいプレイは、ドラムプレイにも、大きく影響します。

       

      「音楽が好き!」 この気持ちは、あなたの音楽を、さらに加速させることになります。

       

       

      千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

       

      ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

       

      ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

       

      ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

       

      ・メールは随時受付中です。

       

      体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

       

      080-5026-8194

       

      ホームページはこちら

       

       

      自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

      ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

       

      サウンドハウス

       

       

       

       

      | ドラム | 17:32 | comments(0) | - |
      ローランド 電子ドラム 使えるコーチモード3選
      0

        ● ローランド TD1KPX2 使えるコーチモード3選  

         

         

         

         

         

        こんにちは、加藤ショウゴです。

         

        ドラムの個人練習は、ドレミの音程も無く、地味で、コツコツやるイメージです。

         

        ローランドの電子ドラムは、トレーニング用のコーチモードが内蔵されています。

         

        コーチモードの活用で、ゲーム感覚で、練習ができ、意外な弱点も、見つけられます。

         

        今回は、ローランドの電子ドラムに入っている、コーチモードについて、お伝えします。

         

        曲をやってみて、気付いた弱点を、楽しく、効率的に、トレーニングすることができます。

         

        .織ぅ爛船Д奪

         

        ▲ワイエット・カウント

         

        クワイエット・カウントに、似た練習方法

         

        ぅ織ぅ沺

         

        現在、当教室にあるモジュール「TD1」には、全部で、10種類の、コーチモードが内蔵されています。

         

         

        そのなかでも、デイリートレーニングとして、使えるモードを3つ選びました。

         

         

        .織ぅ爛船Д奪

         

        タイムチェック機能には、2種類があります。

         

        ひとつは、点数表示するもの、もうひとつは、テンポが合うと、クリック音が消えるものです。

         

        リズムパターンが変わると、不安定になるなど、リズムのハシリ・モタリがハッキリします。

         

        なお、2種類の判断基準があり、ハードの診断は、本当に、良い練習になります。

         

        悪いクセになる前に、タイム感を修正しておけば、上達の速度も早くなりますよ。

         

         

        ▲ワイエットカウント

         

        クワイエットカウントというトレーニングは、クリック音に合わせて叩き、途中で、クリックが消えても叩き続けます。

         

        そして、またクリック音が鳴りだしたときに、テンポキープができていたかをチェックします。

         

        これにより、クリックだけに依存しない、テンポキープのトレーニングができます。

         

        ドラマーの心理なのかもしれませんが、合わせようとすると、合わないところが、ポイントです。

         

        テンポキープは、ドラマーの必須項目ですが、練習方法となると、悩んでしまいます。

         

        クワイエットカウントは、そのような、要望に応えられる、コーチメニューとなっています。

         

         

        クワイエット・カウントに、似た練習方法

         

        クワイエットカウントに似た、練習方法もあります。

         

        ハーフテンポになると、モタってしまう人などにも、オススメの練習法です。

         

        (1)例として、メトロノームをBPM120に合わせ、の8ビートを叩くとします。

         

        (2)次に、メトロノームを、半分のBPM60に設定し、先ほどと同じ、BPM120の8ビートを叩きます。

         

        (3)この時、クリック音は、8ビートの1拍・3拍で鳴っているようになります。

         

        (4)そして、その半分のBPM30に設定して、BMP120の8ビートを叩きます。

         

        (5)そうすると、クリックは、1拍目のみ鳴るようになります。

         

        空間が空いた部分を、しっかりキープすることが大事です。

         

        ロックでは、頻繁にありそうな、BPM160のリズムパターンでしたら、BPM20まで落として、練習できます。

         

        これは、友人のベーシストから教わった練習法で、ドラムでも、効果的に練習できますよ。

         

         

        ぅ織ぅ沺

         

        サーキットトレーニング的に練習するには、タイマー機能を使うのが、一番いい方法です。

         

        (1)3分間・BPM80に設定して、チェンジアップの練習をする。

         

        (2)3分間・BMP180に設定して、16分を叩き続ける。

         

        など、ストイックな練習には、とても使えます。

         

        タイマーとメトロノームを、モジュールのなかで、同時にやってくれるので、便利ですね。

         

         

        TD1には、他にも、録音機能や、チェンジアップ練習をサポートしてくれる機能も搭載しています。

         

        個人練習には、電子ドラムはオススメということで、下記リンクの記事、項目で書いています。合わせて、お読みください。

        https://blog.takaton.info/?eid=57

         

        楽器の技術習得は、一進一退です。

         

        楽しく練習できる環境づくりは、上達には大事な要素です。

         

        千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

         

        ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

         

        ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

         

        ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

         

        ・メールは随時受付中です。

         

        体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

         

        080-5026-8194

         

        ホームページはこちら

         

         

        自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

        ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

         

        サウンドハウス

         

         

        (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

         

        | ドラム | 12:27 | comments(0) | - |
        ドラムの初心者が、コピーバンド組むなら、選曲は大事です。
        0

          ● ドラムの初心者が、コピーバンドを組むなら、選曲は大事です。

           

           

           

          こんにちは、加藤ショウゴです。

           

          いざ、コピーバンドをやるといっても、あまり難しい曲を選曲してしまうと、挫折してしまいます。

           

          基本的な、アフタービート(2拍4拍にアクセントを置く)の曲を選ぶと、バンドとしても、まとまりやすいですね。

           

          自分の大好きな、アーティストに挑戦するにも、わかりやすい曲が、おすすめです。

           

          今回は、ドラム初心者さんが、コピーバンドを組むなら、選曲が大事ということについて、お伝えします。

           

          ―蘓桓團丱鵐匹覆蕁△匹鵑粉兇犬龍覆髻∩ぶと良いのか。

           

          ▲疋薀爐痢個人練習が楽しくなる!バンドスタートアップの、おススメ練習法は?

           

          バンドを組んだら、メンバーの、不平不満は言わない。

           

          ―蘓桓團丱鵐匹覆蕁△匹鵑粉兇犬龍覆髻∩ぶと良いのか。

           

          毎年、依頼を受ける、短期講座で使う曲を、こちらに書いています。

           

          http://takaton-drum.jugem.jp/?eid=56

           

          取り組みやすい選曲をすることで、達成感を得ることができますね。

           

          成功体験は、どの分野でも大事なことです。

           

          せっかく、好きな音楽をやるのですから、実際に、達成感や成功体験を、つかんでいきましょう。

           

          具体的には、パンキッシュな楽曲を選ぶと失敗しません。

           

          再結成した、『ELLEGARDEN』は、どれも取り組みやすく、曲もカッコいいので、おススメです。

           

           

          女子でコピーバンドをするなら、『SCANDAL』も、カッコいいですね。

           

          完全コピーではなく、アレンジを簡単にできる部分は、積極的に入れて、曲を完成させることを大事にしたいです。

           

          アレンジに行き詰まったら、身近な先輩や、教室の先生などにも手伝ってもらうのも、良いかもしれません。

           

           

           

          ▲疋薀爐痢個人練習が楽しくなる!バンドスタートアップの、おススメ練習法は?

           

          ドラムを楽しく練習したいなら電子ドラムの利用がオススメです。

           

           

          楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス

           

          アコースティック派の方には、電子ドラムは「邪道」と、思わがちです。

           

          実は、アコースティックドラムも好きな筆者は、電子ドラムに、かなり助けられています。

           

          上記、ローランドのTD1KPX2の音源は、良くも悪くも、「練習用」の音がします。

           

          このドラムで叩いた際に、音量バランスが、崩れて聞こえているのなら、そこを改善していきます。

           

          そうすることで、アコースティックドラムでも、音量バランスの良い、ドラムが叩けるようになります。

           

          電子ドラムは、生と違い、倍音もないので、シビア且つ、ロジックな練習ができます。

           

          何より、叩けないより、叩き続けた方が、間違いなく上手くなります。

           

          また、MIDIデータや、YouTubeなど、外部からの取り込みも、「ミックスイン」機能で、活用できます。

           

          まずは、リズムパターンのみを、音源に合わせて練習し、そこにフィルインを組み込んでいけば、完成に近づきます。

           

          難しいフィルインも、簡素化して、まずは叩き切れることを、第一にすると、良いですね。

           

          バンドで、スタジオに入るにしても、事前に、どこまで個人で仕上がったかは、とても大事です。

           

          個人練習でスタジオに入ったり、また、その際の交通費などを考えると、電子ドラムのコストは、悪くありません。

           

           

          バンドを組んだら、メンバーの、不平不満は言わない。

           

          バンドと言えど、人間関係なので、性格や、技術などで、どうしても、不平不満は、出がちです。

           

          選曲段階で、よく考えなければいけないのは、実は、このような点もあるからです。

           

          楽しく、音楽をやりたいと、思っていたのに、技術不足のメンバーへの、不平不満が出たら、言われた方は、面白くありません。

           

          相手を尊重していくことは、本当に大事です。

           

          また、技術面では、他のパートの人は、自分のパートに精一杯なので、簡素化して、しっかり演奏ができるようにしましょう。

           

          他のメンバーには、さほどバレません。

           

          むしろ、安定した演奏をすることのほうが、メンバーへの信頼は、高まります。

           

          簡素化する利点として、奏者が余裕を持つことで、観客も安心して観れるという点もあります。

           

          何事もですが、悪い点ばかり見ると、バンドは崩壊します。

           

          しつこいようですが、メンバーの良い点を見て、尊重し、アレンジも考え、カッコいいバンドサウンドを奏でてください。

           

          このような、マインドは、必ず、見に来てくれたお客様にも、伝わりますよ。

           

          そして、この中心に、ドラマーがいることを、お忘れなく。

           

          千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

           

          ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

           

          ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

           

          ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

           

          ・メールは随時受付中です。

           

          体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

           

          080-5026-8194

           

          ホームページはこちら

           

           

          自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

          ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

           

          サウンドハウス

           

          (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

           

          | ドラム | 08:58 | comments(0) | - |
          ドラム初心者が、コピーしやすい曲 5選
          0

            ● ドラム初心者が、コピーしやすい曲 5選

             

             

             

            こんにちは、加藤ショウゴです。

             

            1曲完成させられることは、自信にもつながり、ドラムの面白さを、さらに深めてくれます。

             

            初心者バンドであれば、バンドの要はドラムですので、ドラムが完成されていれば、信頼も高いですね。

             

            ドラムを叩いたことのない初心者さんも、三ケ月間の集中練習で、1曲を仕上げることができます。

             

            ポイントは、難しいことに執着せず、簡素化させて、1曲通せることが重要です。

             

            今回は、初心者さんに、ぜひ挑戦してほしい曲・5選を紹介します。

             

            .蹈奪のカッコよさを、体感できる、人気曲「リライト」

             

            ▲轡鵐灰據璽轡腑鵑旅粁で、さらなる上達をめざせる「天体観測」

             

            ポップな8ビートが、叩けるようになる、「風になる」

             

            げ凌瓦燭辰廚蠅肪,、「ひまわりの約束」

             

            ゥ┘譽トロサウンドで、ビート感を満喫できる、「ray]

             

            ここで、紹介している曲は、筆者が短期講座で、実際に、未経験の受講者に、挑戦させている曲です。

             

            他にも、モンゴル800の「小さな恋のうた」や、EarthWind&Fireの「セプテンバー」なども、やっています。

             

            今回の5曲は、ドラムの基本的なことも学べるよう、レベルに合わせ、アレンジしているので、叩きやすくなっています。

             

             

            .蹈奪のカッコよさを、体感できる、人気曲「リライト」

             

             

            テンポが速い曲なので、16分の連打などは、8分に変換し、曲全体を通せるようにしています。

             

            キッチリ、タテを合わせてタイトに決めていきたい曲です。

             

            曲間の、ハーフテンポの部分も簡略化し、叩いていて、感覚がつかめるようにしてあります。

             

            右手を8分で刻めるなら、イントロのライドシンバルは、明快に刻みたいところです。

             

            曲自体もわかりやすく、カッコいいので、ここ2年くらいは、大変人気の曲です。

             

             

            ▲轡鵐灰據璽轡腑鵑旅粁で、さらなる上達をめざせる「天体観測」

             

             

            シンコペーションのキメがたくさんあり、初心者さんでは、少しキツい曲です。

             

            原曲を、何回も聞いて、曲の理解を深めると、叩けるようになる、キッカケがみえてきます。

             

            ハーフテンポや、2拍3連のキメなど、こまごまとアレンジが詰め込まれています。

             

            バスドラムのフレーズで、曲のパンチ力が変わるので、ドラムの重要さが、わかるようになります。

             

            決めるところを、しっかり決め、合わせられるよう、全体のフレーズを網羅することが大事です。

             

            毎年、挑戦者がおり、苦戦もしますが、発表会で叩き終えたときの、受講生のやり切った姿は、誇らしげです。

             

             

            ポップな8ビートが、叩けるようになる、「風になる」

             

             

            軽快な8ビートを、この曲に取り組むことで、習得できます。

             

            定番のフィルインも多く、J-POPのドラミングを学ぶには、ピッタリです。

             

            曲が軽快なので、叩いていて、単純に楽しい曲です。

             

            所々に、シンコペーションが絡んだ、キメがありますが、フレーズを歌いながら、叩くと、解決できます。

             

            こちらの曲も、人気があり、ドラムの楽しさを満喫できますよ。

             

             

            げ凌瓦燭辰廚蠅肪,、「ひまわりの約束」

             

             

            バラード調ではありますが、曲の盛り上げなど、ドラムが、メリハリに大事だということが、理解できる曲です。

             

            リムショットや、ハシりや、モタりに気をつけるなど、ロック系の曲とは違う、神経を使います。

             

            2小節に及ぶ、ダイナミックなフィルインもあり、ドラムの醍醐味も味わえる、一曲です。

             

            音符の長さにも、気を付けて演奏していきたい曲ですね。

             

            この曲は、8ビートの練習に、じっくり取り組めるテンポなので、これで得た感覚は、上達の一助になるはずです。

             

             

            ゥ┘譽トロサウンドで、ビート感を満喫できる、「ray]

             

             

            バスドラムにプッシュ感を持たせながら、叩くとカッコいい曲です。

             

            ハイハットの16分のシェイクは、打込みに任せて、丁寧に8分を刻んでいます。

             

            スネアや、シンバルなど、入れるものをしっかり入れて、メリハリを作ります。

             

            シンコペーションがない分、フィルインのスネアを、しっかり決めたいところです。

             

            叩いていて、楽しい曲で、打込みの要素も強いので、シンクロするイメージで叩けると良いですね。

             

             

            今回は、講座用デモと一緒に、紹介させて頂きました。

             

            初心者のうちは、省略化・簡略化もさせていきながら、レベルに合わせて、できることを増やすと良いです。

             

            1曲が通ると、楽しさも違います。

             

            電子ドラムは、MIDI音源との相性も良いので、一緒にアンサンブルできれば、ドラムの楽しさも広がります。

             

            ※ローランド TD1KPX2 自宅練習の他にも、専用アンプもあれば、ちょっとした、演奏会もできます。

             

             

            ローランド・ヤマハで、MIDI音源が販売されています。

             

            好きなの曲をダウンロードして、濃い練習で、ライバルに差をつけてください。

             

             

            千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

             

            ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

             

            ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

             

            ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

             

            ・メールは随時受付中です。

             

            体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

             

            080-5026-8194

             

            ホームページはこちら

             

             

            自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

            ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

             

            サウンドハウス

             

            (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

            | ドラム | 17:38 | comments(0) | - |
            楽器を選ぶポイントは、今の自分に合っているかどうか
            0

              ● 楽器を選ぶポイントは、今の自分に合っているかどうか

               

               

              こんにちは、加藤ショウゴです。

               

              スネアやペダルなど、自分の相棒になる楽器を選ぶときは、本当に悩みます。

               

              好きなアーティストモデルでも、触って、合わないと感じると、なんとなくモヤモヤしてしまいます。

               

              値段や、機能だけでなく、今の自分にシックリくるものを、手に入れたいですね。

               

              継続して練習し、経験を積むなかで、欲しい楽器の特性も見えてきます。

               

              様々な記事レビューは、参考程度にして、自分に正直な感覚で、楽器を選びたいものです。

               

              今回は、楽器を選ぶ際のポイントという点で、進めていきましょう。

               

              ヽ擺鐐びのスタートアップは、スタンダードから出発してみる。

               

              基準が見えてきたら、足りない部分を補う楽器を試してみる。

               

              M想は、「弘法筆を選ばず」。楽器のクセも自分の武器にする。

               

               

              ヽ擺鐐びのスタートアップは、スタンダードから出発してみる。

               

              スネアは、定番のスティールや、メイプルなど、様々な素材のスネアが販売されています。

               

              ペダルも、最近は、ダイレクトドライブが加わり、定番のチェーンドライブ、ベルトドライブも根強い人気です。

               

              電子ドラムも、プロモデルから、定番・初心者モデルまで、なかなかの悩みどころです。

               

              たくさんの種類から、何を選ぶかは、初心者では、かなり難しいかもしれません。

               

              市販のテキストや、ドラムマガジンなどを、参考にすれば、失敗は、しにくくなります。

               

              ※このような、教則テキストの、一番最後のページには、使用機材が、書かれています。

               

              試奏をさせてもらえる、楽器屋さんがあれば、足を運ぶのも、良いかもしれません。

               

              定番の商品をあげてみますが、どれも、末永く使える機材です。

               

              ※ラディック LM400 ラディアロイと呼ばれる合金で作られ、明るい音色のスネア。扱いやすい14×5インチモデル。

              ※DW DELTA4シリーズ スムーズな動きを実現し、様々なプレイヤーに対応できるドラムペダル。

              ※ローランド TD17KVX-S アコースティックドラムに、必要なスキルを身につけられる、電子ドラム。

               

              このような、定番モデルからスタートし、そこから、自分に合ったものを探すのも良いですね。

               

              最近は、名機と呼ばれていた、商品が、再販されています。

               

              ※ヤマハ FP720 ベルトドライブのスムーズなアクション。数多くのユーザーに愛されてたモデルが復刻。

               

              プレイヤーから、永く愛されたモデルは、それなりの理由があります。

               

              このような、機材からスタートするのも、楽器の良し悪しを知る、第一歩といえます。

               

              サウンドハウス

               

               

              基準が見えてきたら、足りない部分を補う楽器を試してみる。

               

              定番の機材で良ければ、それを使い続けるのも、良いですね。

               

              楽器は、そんな簡単に壊れませんので、長く使い続けることができます。

               

              良い楽器であっても、使っているうちに、どこか物足りないと、感じてくることがあります。

               

              スネアやペダルでしたら、もう少しパワーが、欲しくなったりします。

               

              電子ドラムでも、音色を細かく調整できたり、タッチの良いパッドに変えたくなります。

               

              ※ ラデックLM402 上記LM400の61/2モデル。明るさのなかに、厚みを感じるモデル。

               

              今、携わっているバンドや、プロジェクトによっても、欲しいサウンドは、変わってきます。

               

              定番の音を知ることで、ジャンルに応じたサウンドをチョイスできるようになります。

               

              スティックや、ビーター、ヘッドも、当然、音に影響してきます。

               

              この辺りのチョイスも、あえて定番からスタートして、試してみると良いですね。

               

              ※レモ コーテッドアンバサダーは、オールマイティに使える、定番中の定番ヘッド。

              ※DW SM103 最近のビーターでなく、あえてスタンダードなものを使うことで、新たな発見もある。

               

              サウンドハウス

               

               

               

              M想は、「弘法筆を選ばず」。楽器のクセも自分の武器にする。

               

              ライブハウスのPAさんが、とあるアーティストのエピソードを教えてくれました。

               

              そのアーティストのライブ当日は、モニター契約をしているメーカーからの、レンタルの機材だったそうです。

               

              しかし、到着したドラムのチューニングは、けっこう、ひどい感じだったようです。

               

              しっかりチューニングをするのかと思いきや、あまりいじらずに、リハに入ったそうです。

               

              出てきたサウンドは、そのアーティストの、いつものサウンドだったというのです。

               

              もちろん、こだわりの機材という考え方も必要です。

               

              しかし、場数を踏んでいるアーティストは、楽器云々では、ないんですね。

               

              様々なセッションでご活躍の、小田原豊さんも、中学生との交流で、吹奏楽部の備品のセットを叩いていました。

               

              YouTubeであがっていた映像ですが、これを見ながら、楽器じゃないんだなと、つくづく感じました。

               

              まさに、「弘法筆を選ばず」といったところです。

               

              音楽が好き・ドラムが好き、この思いを大事にしていきたいですね。

               

              サウンドハウス

               

              千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

               

              ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

               

              ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

               

              ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

               

              ・メールは随時受付中です。

               

              体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

               

              080-5026-8194

               

              ホームページはこちら

               

               

              自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

              ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

               

              サウンドハウス

               

              (画像は、アフィリエイトのリンクを使用しています。)

              | ドラム | 12:28 | comments(0) | - |
              ドラムを、独学で学ぶことは、できませんか?
              0

                ● ドラムを独学で学ぶことは、できませんか?

                 

                 

                こんにちは、加藤ショウゴです。

                 

                独学で学ぶと、自らの意思で学び続けるので、高い意識で、取り組むことができます。

                 

                書籍コーナーでは、DVD付教則本や、youtubeなど、様々な良いお手本が、たくさんあります。

                 

                独学の弊害として、変なクセが付いてしまうと、なかなか抜くことができず、上達の妨げにもなります。

                 

                もちろん、習えば、学ぶ速度が速くなるので、意識が高ければ高いほど、上達も早いです。

                 

                どちらにせよ、高い意識で取り組んで、覚えたことは、プレイスタイルを構築する、基盤にもなるはずです。

                 

                今回は、ドラムを、独学で学ぶことは、できないのかを、考えていきます。

                 

                〇堡里離謄ストで、独学で、どこまでカバーできるのか。

                 

                ∋堡里離謄ストと、大手スクールのテキストでは、どのような違いがあるのか。

                 

                F芦茱灰鵐謄鵐弔蓮△匹海泙濃温佑砲垢襪戮か。

                 

                 

                〇堡里離謄ストで、独学で、どこまでカバーできるのか。

                 

                自身の体験として、習ってしまった方が、やはり上達は早かったと感じています。

                 

                テクニカル面での、微妙なニュアンスの難しさが、ドラムにはあります。

                 

                現在は、メディアも発達し、動画とテキストから、独学で始めやすくなっています。

                 

                今回は、リットーミュージックから販売されている、教則本を手に取ってみました。

                 

                 

                このテキストは、猪俣猛先生が主宰の、RCCドラムスクールの講師、山本雄一先生が監修されています。

                 

                はじめてドラムをはじめる人向けとあるとおり、基本的なことは、しっかり網羅されています。

                 

                さすがRCC教室だと思わせる点が、はじめから、左足もしっかり2拍4拍でふませる点です。

                 

                耳慣れた童謡を使って、基本的なリズムパターンを用いて、ハネるリズムと、ハネないリズムも学べます。

                 

                カウントの出し方、3連符の練習導入方法、16分を叩く練習のテンポ設定も、よく考えられています。

                 

                さらに、それを動画で、わかりやすく紹介しているので、本当にわかりやすいてす。

                 

                また、実際のメジャーアーティストの楽譜を、5曲掲載されており、じっくり取り組むことができます。

                 

                ドラムをはじめようと決めて、はじめからドラムは無くても、イスとスティックで、はじめられます。

                 

                仮に譜面が読めなくても、映像を見て、真似しながら進めていけば、基本的なことは、学べるはずです。

                 

                例えば、これをしっかりやり遂げてみて、不明な点を、レッスンで習うというのも悪くはないかもしれません。

                 

                 

                ∋堡里離謄ストと、大手スクールのテキストでは、どのような違いがあるのか。

                 

                市販テキストは、,任發△訥未蝓▲疋薀爐料竿姪なことを、メインとしています。

                 

                世代を分けることなく、基本を徹底して解説しています。

                 

                大手スクールのテキストは、スクールが持つ、ノウハウを具体的に形にしています。

                 

                内容は、当然重複する点があるのですが、進め方には、大きな違いがあるように思います。

                 

                拍のカウントや、音符の捉え方、基礎練習についても、スクールの理念が見えてきます。

                 

                ローランドで講師認定を取得するために、レッスンを受けた際は、本当に目からウロコでした。

                 

                小さいお子さんに教える際に、中学生と同じように、対応することは、難しいです。

                 

                言葉使いから、用語など、カンタンにわかりやすく伝える必要があります。

                 

                楽器の使い方も、カウントの仕方も、将来性を見ながら、徐々に使いこなせるように、対応例も学びます。

                 

                当たり前と思われていたことが、実はそうではなかったということも少なくありません。

                 

                市販テキストは、良くも悪くも、内容を万人寄りにしていかなくては、ならない点です。

                 

                市販テキストも、教室テキストも、自分がどうなりたいのかを明確にすることで、力を発揮していけます。

                 

                まずは、市販テキストなり、教室パンフレットなりを、手に取って、スタートしてみては、いかがでしょうか?

                 

                 

                ※ツインペダルにも対応した電子ドラム TD1KPX2

                 

                 

                F芦茱灰鵐謄鵐弔蓮△匹海泙濃温佑砲垢襪戮か。

                 

                動画は、情報量が多いので、参考になる点が、様々あります。

                 

                好きなアーティストのマネも、モチベーションや、目標としていくために、大事なことです。

                 

                ただ、ライブパフォーマンスが激しいプレイヤーのマネを、はじめからやってしまうのは、危険かもしれません。

                 

                そのプレイヤーが、基礎を重ねた後、練習で積み上げてきたライブプレイなので、動き自体は、参考程度が良いと思います。

                 

                ツーバスなど、一般的な基礎と、プラスで練習するなら、手と同じように、足もドンドンやった方が良いです。

                 

                足は、時間がかかるので、早く始めた方が、得策となるとは思います。

                 

                この辺りは、YouTubeでも、たくさん上がっていますので、参考になる部分は、取り込んでいきましょう。

                 

                海外のアーティストのなかでは、これでこんなプレイができるの?!と、ビックリすることがあります。

                 

                手の動きや、足の動きは、プレイヤーによって様々であり、トップレイヤーも、年々進化していっています。

                 

                情報を、貪欲に取り込んでいくことも、成長や上達には必要な要素です。

                 

                千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

                 

                ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

                 

                ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

                 

                ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

                 

                ・メールは随時受付中です。

                 

                体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

                 

                080-5026-8194

                 

                ホームページはこちら

                 

                 

                自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

                ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

                 

                サウンドハウス

                 

                (写真は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

                 

                | ドラム | 13:27 | comments(0) | - |
                タムの音が、鳴らない・飛ばない理由
                0

                  ● タムの音が、鳴らない・飛ばない理由

                   

                   

                  こんにちは、加藤ショウゴです。

                   

                  ドラムを、抜け良く、しっかり鳴らすことで、楽器の持つチカラを、発揮させることができます。

                   

                  ステックやペダルなど、道具の使い方がわかってくると、抜けの良い音が出しやすくなります。

                   

                  大きい音を出そうと、力んで演奏すると、音がつぶれて、どんなに良い楽器でも、台無しになります。

                   

                  身体の使い方や、頭で描いた音のイメージすることも、大事な要素となります。

                   

                  体格も要素の一つになりますが、あくまで個性の差だけで、コツを知ることで、良いサウンドを出せます。

                   

                  今回は、タイコを、しっかり鳴らすために、必要なコツを考えてみます。

                   

                  .織ぅ海鯡弔蕕垢燭瓩法◆屮侫襯好肇蹇璽」を知ることが重要。

                   

                  ▲爛舛里茲Δ福△靴覆笋さと、正確にコントロールする、スティックワーク。

                   

                  サウンドは、「イメージ」が大事。

                   

                  .織ぅ海鯡弔蕕垢燭瓩法◆屮侫襯好肇蹇璽」を知ることが重要。

                   

                  タイコが鳴るか・鳴らないかの差は、いかに空気を振動させたかによります。

                   

                  チューニングや、タイコの材質や深さ、フープの形状など、さまざまな要素が、タイコの鳴りに影響します。

                   

                  ハード面も影響もありますが、楽器をコントロールする、奏者側でも、音は大きく変わります。

                   

                  スティックコントロールという面では、フルストロークを知ることで、タイコの鳴らし方がわかってきます。

                   

                  フルストロークとは、レディポジションから、叩き始め、またレディポジションに戻る、叩き方です。

                   

                  低いチューニングのタムタムでも、フルストロークがわかると、力まずに、鳴らせるようになります。

                   

                  ※このような動画を作成してみました。

                   

                   

                  ▲爛舛里茲Δ福△靴覆笋さと、正確にコントロールする、スティックワーク。

                   

                  合理的な動きでコントロールする、モーラー奏法は、大変有名な奏法です。

                   

                  ただ、一朝一夕で、マスターできるものではないので、まずは、初歩的なスティックの動きを、確認していくと良いです。

                   

                  左右の、叩く力の加減や、スティックの上げる高さなど、鏡などで確認していくのは、良い練習になります。

                   

                  柔らかい動きでしたら、タオルを振ってみると、しなやかにスティックを振る原理が、見えてきます。

                   

                  野球や、ゴルフのスイングも、良い参考になります。

                   

                  逆に、わざと力むことで、ライドシンバルなど、刻む楽器の音色を固くし、タイトにリズムを刻むこともできます。

                   

                  (上の動画を見てもらうと、力んだ時は、音が詰まったように聴こえます。よく言えば、余韻を短くできます。)

                   

                  ステックのコントロールひとつで、様々なサウンドを、奏でることが、できるようになります。

                   

                   

                  サウンドは、「イメージ」が大事。

                   

                  その曲を、どのように色付けしていくか、それには、ドラマーの力も必要です。

                   

                  どんなに凄い演奏ができても、曲に合っていない音色やリズムを奏でては、意味がありません。

                   

                  電子ドラムは、ある程度、作りこまれた音色なので、楽曲に合うような音色を決定することが、容易です。

                   

                  音色や、パターンなど、色々な音の「引き出し」を知っておくと、ドラムの楽しさや、表現の幅が、広がります。

                   

                  プロモデルの電子ドラムは、音色を細かく調整できるので、生楽器の調整イメージを学ぶこともできます。

                   

                  表現を広げるためにも、アコースティック・電子、どちらも、叩く時のタッチは、とても重要になってきます。

                   

                  ステックコントロールは、楽曲にリズムを提供する、打楽器奏者にとっては、大事なスキルです。

                   

                  イメージを形にするため、地道な練習の積み重ねや、観たり・聴いたりなどの経験も、必要ですね。

                   

                  さらなるドラム奏法技術の上達目指して、心も、身体も元気に、頑張っていきましょう。

                   

                   

                  千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

                   

                  ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

                   

                  ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

                   

                  ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

                   

                  ・メールは随時受付中です。

                   

                  体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

                   

                  080-5026-8194

                   

                  ホームページはこちら

                   

                   

                  自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

                  ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

                   

                  サウンドハウス

                  | ドラム | 22:05 | comments(0) | - |
                  どのような流れで、ドラムが叩けるようになるのか?
                  0

                    ● どのような流れで、ドラムが叩けるようになるのか?

                     

                     

                    こんにちは、加藤ショウゴです。

                     

                    ドラムは、叩けば音が出るので、ちょっとのアドバイスで、楽しく演奏できます。

                     

                    もちろん、一日で成就するものでは無いですが、一歩踏み出すことが、大事ですね。

                     

                    初心者対象の2時間レッスンで、小学校生の生徒さんたちは、曲で演奏できるようになりました。

                     

                    YouTubeでは、たくさんの動画が投稿されており、参考になるものもたくさんあります。

                     

                    電子ドラムも、手頃な価格で、高機能なものも増えたので、趣味として、気軽にはじめられます。

                     

                    今回は、ドラムが叩けるようになるまでの流れを、お伝えします。

                     

                    ,泙此⇒儖佞垢襪發里蓮

                     

                    好きな曲や、アーティストの真似をする。

                     

                    4哀灰圓悩胆泙垢襪らいなら、カンタンにして、1曲通せるほうが、価値がある。

                     

                    ざ擬爾膨未Δ覆蕁¬榲を明確にして、習いたいことを、先生に伝える。

                     

                     

                    ,泙此⇒儖佞垢襪發里蓮

                     

                    モチベーションを上げるために、スティックは、用意しましょう。

                     

                    ただ、スティックもたくさんの種類があり、選ぶのは大変です。

                     

                    太さや、素材など、好みもあるのですが、基準になるものを用意して、そこから自分の好みを探していくと良いです。

                     

                    基準ですが、太さ14.5弌▲船奪廖弊菽蕊分)は、ボール型が、色々な曲調で使えて、便利です。

                     

                    素材は、ヒッコリーを基準に考え、手触りなど、自分にあったフィーリングで選ぶと良いかと思います。

                     

                    ※写真は、TAMAH2145B

                     

                     

                    練習で叩くものは、パタパタ叩くだけなら、雑誌などをガムテープで巻いたもので十分です。

                     

                    他にもペダルなど、欲しいものはたくさんありますが、こちらは、価格差も大きいので、色々試してみた方が良いです。

                     

                    パワー重視の偏心モデルなどは、メーカーによっては、独特の踏み心地のものもあります。

                     

                    スタジオの備品や、楽器屋で踏ませてもらうなど、試しながら、「最初の1台」を選んでみてください。

                     

                    ※写真は、TAMA HP600D 1台で2種類の踏み心地が味わえる。

                     

                     

                    好きな曲や、アーティストの真似をする。

                     

                    好きな曲や、アーティストを真似をすることは、技術向上には、欠かせない要素です。

                     

                    また、好きなアーティストを目標することは、モチベーション維持にも、つながります。

                     

                    ドラムのセッティングや、椅子の高さ、またプレイスタイルなど、真似から、自分の個性に結び付きます。

                     

                    スティックやペダルなどの、道具選びに、お気に入りのアーティストモデルを使うのも、継続の力になるかもしれませんね。

                     

                     

                    ※写真は、Xjapn yoshikiモデル 滑り止め防止のマティロ塗装が施されている。

                     

                     

                    曲については、好きな曲でも、なるべくシンプルな曲から始めると良いです。

                     

                    初めから、難しいアレンジの曲を挑戦するのは、挫折の原因となります。

                     

                    自分の好きな曲や、アーティストなら、繰り返し、曲を聞いていても、苦痛にはならないかもしれないですね。

                     

                     

                    4哀灰圓悩胆泙垢襪らいなら、カンタンにして、1曲通せるほうが、価値がある。

                     

                    毎年、「ドラム入門講座」として、松戸市の主催で、全10回の短期講座を行っています。

                     

                    そこでは、初心者だった子どもたちが、最後の発表会で、1曲4分程度の曲を演奏します。

                     

                    達成感もあり、講座を受けた生徒さんは、もちろん喜んでいます。

                     

                    しかし、見に来られた、お父さん、お母さんは、生徒さん以上に、それに驚き、喜んでいます。

                     

                    初心者さんに、短い期間で、アーティストの曲をフルコピーさせるまでは、難しいことです。

                     

                    それを、カンタンにして、ドラムの仕組みを知らない方からすれば、1曲叩けるだけで、凄いことと見てもらえるのです。

                     

                    如何に、原曲の雰囲気を崩さず、カンタンに、アレンジし直すかが、ポイントにはなります。

                     

                     

                    ※講座用のデモ演奏で、生徒さんが、練習や確認をできるようにしています。

                     

                     

                    生徒さんには、その形で、練習を進めるので、少しがんばると、叩けるようになります。

                     

                    しかし、知らない方からすれば、ドラムを演奏できているだけで、驚きなのです。

                     

                    完コピ目指して、つまづいてしまうなら、カンタンにして、1曲通した方が、叩けていると見てもらえます。

                     

                    上達するためにも、簡素化して、分析することで、理解が深まります。

                     

                     

                    ざ擬爾膨未Δ覆蕁¬榲を明確にして、「習いたいこと」を、先生に伝える。

                     

                    上達の近道は、間違いなく、習ってしまうに越したことはありません。

                     

                    カンタンにして叩けるようにしたいけど、やり方がわからない方にも、間違いなく良いアドバイスがもらえます。

                     

                    明確な質問には、たいていの先生は、それなりの内容で応えてくれます。

                     

                    もちろん、様々な経験もされているので、今のあなたの技術から、効果的なアドバイスを教えてくれるはずです。

                     

                    目的がハッキリしていれば、曲全体のリズムパターンとフィルインの攻略方法について、応えてくれるでしょう。

                     

                    そのためにも、まずは自分なりに考え、挑戦していくことが大事です。

                     

                    一生懸命取り組んでいる姿に、教室の先生は、最大限の応援をしてくれるはずですよ。

                     

                    千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

                     

                    ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

                     

                    ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

                     

                    ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

                     

                    ・メールは随時受付中です。

                     

                    体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

                     

                    080-5026-8194

                     

                    ホームページはこちら

                     

                     

                    自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

                    ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

                     

                    (画像は、楽天アフィリエイトのリンクを使用しています。)

                     

                    サウンドハウス
                    | ドラム | 17:54 | comments(0) | - |
                    ドラム教室に通うと、どのような、良い点がありますか?
                    0

                      JUGEMテーマ:ドラム教室

                      ● ドラム教室に通うと、どのような、良い点がありますか?

                       

                      こんにちは、加藤ショウゴです。

                       

                      ドラムを通じて、得られることは、様々な形で現れます。

                       

                      小学2年生の生徒さんは、運動会のダンスがキレが良くなったと、お母様より、喜びの声を頂きました。

                       

                      リズムに乗って、手足を動かす、ドラムから得られることの「副産物」ですね。

                       

                      好きな曲を演奏したいという、中学生の生徒さんは、できなかったリズムパターンが、急にできるようになっていました。

                       

                      じっくり練習を進めていくなかで、身体の動きにも慣れて、意識が付いてきたのでしょう。

                       

                       

                      ここでは、ドラムを習うことの、良い点を、3点について、書いていきます。

                       

                       岼媼院廚垢襪海箸如◆屬任る」という認識ができます。

                       

                      演奏を第三者の目で、チェックし、実演してくれることは、「最大の学び」です。

                       

                      F罰悗眤膸!自ら学んだ「気付き」は、武器になる。

                       

                       

                       岼媼院廚垢襪海箸如◆屬任る」という認識ができます。

                       

                      自己肯定感を育むという点で、「できる」という経験は、欠かせないものです。

                       

                      ドラムは、誰でも、簡単に、音を出すことができます。

                       

                      そのドラムから、音を出すだけでなく、「演奏する」ことができたら、スゴイことですよね。

                       

                      しかし、音は出せても、基本的な知識など、何も知らないと、好きな曲に合わせて、演奏はできません。

                       

                      基本的なことがわかることで、小学生の低学年でも、好きな曲で、拍に合わせてパターンが叩けます。

                       

                      「できる」ことは、その奥底に、「意識」があります。

                       

                      逆に、「意識」することで、「できる」につながっていきます。

                       

                      どんな形でも、成功体験をつかめることは、人生における大きな財産となります。

                       

                      そのなかで、ドラムも、「できる」を体現できる、ひとつのツールになります。

                       

                       

                       

                      演奏を第三者の目で、チェックし、実演してくれることは、「最大の学び」です。

                       

                      ドラムの奏法は、習うと、悪いクセが付くことなく、上達に結び付きます。

                       

                      独学で付いたクセは、なかなか抜くことができず、上達の妨げになることが、少なからずあります。

                       

                      自分で気づかない部分や、意識する部分がわかることが、上達への近道でもあります。

                       

                      先生が、実演してくれることも、大事な点です。

                       

                      テキストや、動画など、現在は情報がたくさんあります。

                       

                      しかし、実際に演奏している、その時の、音色や、動作などのを知ることは、大事な経験と情報として、記憶されます。

                       

                       

                       

                      F罰悗眤膸!自ら学んだ「気付き」は、武器になる。

                       

                      教室で習うことで、得られるもので書いてきましたが、独学から得られる良さもあります。

                       

                      難しいことも、自分で見つけた発見や、気付きは、崩れない知識となります。

                       

                      ただ習うだけで、受け身でいては、せっかく良いものを持っていても、上達の速度が、落ちていきます。

                       

                      当然、習ってしまった方が、早く結果を出せます。

                       

                      そこに、自分で決めた、明確な目標があれば、先生のアドバイスも、よい方向に働いていきます。

                       

                      テキストや、動画から、色々調べて、自ら学ぶことは、自身の血肉になるのは、間違いありません。

                       

                      どの分野においても、自ら学び得た「気付き」は、必ず、自分の武器になっていきます。

                       

                       

                       

                      今回は、以上です。

                       

                      引き続き、ドラムの楽しさや、奥深さを発信していきます。

                       

                      千葉県 印旛郡栄町 TAKATON教室(Vドラム・ピアノ)

                       

                      ・事務連絡受付時間:年末年始・お盆時期を除く 13:30〜19:00 

                       

                      ・住所:千葉県印旛郡栄町押付 (自宅教室のため、詳細は申し込み頂いた際にお伝え致します。)

                       

                      ・レッスン中などで、電話に出られないことがあります。下記『お問合せフォーム」からメールで頂けると助かります。

                       

                      ・メールは随時受付中です。

                       

                      体験レッスン、お問合せは、こちらからどうぞ。

                       

                      080-5026-8194

                       

                      ホームページはこちら

                       

                       

                      自宅教室には、印旛郡栄町・印西市小林・茨城県稲敷市からも、来ていただいております。また、学校関係では、印旛郡市内(八街市など)で、声をかけてもらっています

                      ※市の短期講座については、運営は松戸市となります。

                       

                       

                       

                      サウンドハウス

                       

                       

                      | ドラム | 19:59 | comments(0) | - |
                      | 1/2PAGES | >>